友好団体     

※詳しい内容は、写真をクリックしてください。各団体ホームページに移ります。

World Carp Japan ・ 世界平和青年連合

World CARP Japanは、全国の主要大学を中心に、1964年に結成されました。人格の向上をなし、志を持ち、社会や世界の平和のために役立つ人材となるため、様々な活動・勉強会が行われています。また全国及び世界のCARPメンバーとの交流や様々な奉仕活動を行っています。世界平和青年連合は1994年に結成された平和に貢献するグローバルな青年組織です。学生の枠を超え、広く青年たちが、国際性を持ち、「他者の為に生きる」夢を抱いて、地域と世界の諸問題の解決のための様々なプロジェクトや海外支援が組まれ活動がなされています。

世界平和教授アカデミー・科学の統一に関する国際会議(ICUS)

現代の世界が抱える諸問題を解決し、平和と社会の発展を助けるために、結成された世界的学者のネットワークです。1973年に創設され、専門を超え、学際的・超文化的なネットワークで100以上の国々に支部を持っています。伝統的な価値観を尊重する真の平和運動を目指し、国際性、未来性、学際性、教育性、社会性の元に様々な学術共同研究が行われています。 ICUSでは、環境問題を始めとした、世界的規模の重要課題を解決するために、多くのノーベル賞受賞者の参加の下に、毎年活発な議論がなされています。

UPF・平和大使協議会

UPFは、国連経済社会理会の特別協議資格を持つ国連NGOです。国境・人種・宗教の壁を超え、「One Family Under god!」の理念の元、各国のリーダーたちが集い、様々な国際会議・平和運動が展開されています。また日本と世界の平和実現に寄与する各界の指導者を平和大使として任命しています。日本においては、学者・政治家・企業経営者・NGOリーダーたちが、平和大使として約2万名任命され、各県で各界の指導者により平和大使協議会が結成されています。幸福な社会・平和実現のため、環境問題・家庭再建・外交安保問題等の啓蒙・地域発展のための運動が活発に行われています。

ブリッジポート大学(米国)・鮮文大学(韓国)etc

米国コネティカット州のブリッジポート大学は、世界市民の育成のため国際色豊かな学生を擁しており、各専門分野でも優秀な人材が多く排出されています。その他統一神学校では、超宗教的なカリキュラムによる、世界平和に貢献する人材を育成されています。韓国の鮮文大学は、韓国政府より1級の大学として認定され、「愛天・愛人・愛国」の理念のもと、専門性と共に人格豊かなグローバル人材を育成しています。その他、聖和芸術中・高等学校や善正女子中・高等学校は、韓国を代表する優秀な人材を輩出する難関学校となっています。

国際医療者奉仕団・青年宗教者奉仕団・国際救援友好財団

世界の多くの地域で、今もなお、人々は栄養失調、病気、教育の欠如などによって苦しんでいます。こうした人々に救援をもたらすために「One Family Under God」の精神の元、「国際医療奉仕団」「国際救援友好財団」「青年宗教者奉仕団」などの国際支援団体があります。それぞれの分野で、医療・物資・教育の援助などが、人的パワーと共に行われています。

世界言論人会議・ワシントンタイムズ新聞社

1978年に世界言論人会議がメディアの自由と責任を擁護するために設立され、1990年4月世界言論人会議が開催され、ゴルバチョフ大統領と文総裁の会談がなされ、ソ連の自由化に向け大きな拍車をかけることとなりました。アメリカでは、責任言論・道徳言論としての役割を果たす新聞社としてワシントンタイムズが発刊され、レーガン・ブッシュ政権下では、政権に最も大きな影響を与える新聞となりました。

国際ハイウェイ構想・日韓トンネルプロジェクト

1981年科学の統一に関する国際会議(ICUS)において南北問題解決と世界平和実現のために、文鮮明総裁により、世界を高速道路で結ぶ国際ハイウェイ構想が発表されました。その下に日本では83年「日韓トンネルプロジェクト」が各界有識者の指導の下、展開されています。